鉄道の魅力的な情報をご紹介します。

谷尾和昭の鉄道ブログ

未分類

横須賀線などで使用のE217系が、2020年度以降、新造のE235系に順次置き換え

投稿日:

こんにちは、谷尾和昭です。今回は主に横須賀線で使用されているE217系車両の新型車両についてご紹介します。

横須賀線やJR総武快速線を中心に運行しているE217系は、導入からすでに30年近く経過しているため引退が近い車両として注目されています。2020年に235系という新たな車両を導入する動きが見られますが、今回はこの鉄道車両の新造「E235系」についてまとめてみました。

現在運行中の217系の概要

東日本旅客鉄道の直流近郊形電車であるE217系は、横須賀線と総武快速線で運用されていた113系の置き換え車両として1994年に営業運転を開始しました。JR化以来、近郊形車両として初めて4扉構造を採用し、車内の座席配置は通勤形向けのロングシート構造を基本にしているのが特徴です。「スカ色」としてお馴染みの車両ですが、同じカラーを採用していた113系や115系が消滅してしまったため、現在スカ色の伝統を受け継いでいるのはE217系横須賀線・総武快速線のみとなってしまいました。

新造車両「E235系」が2020年度から順次導入

235系は2015年から量産先行車として、2017年から山手線を運用している車両です。2020年から現在主力車両となっている横須賀線や総武快速線を運用するE217系が、235系に置き換えられることになりました。車両数は11両編成が51本、4両編成が46本の合計745両です。運用区間で以下のような営業運転で行われます。

【横須賀線】東京~久里浜
【総武快速線】東京~千葉
【総武本線】千葉~成東
【外房線】千葉~上総一ノ宮
【内房線】蘇我~君津
【成田線】佐倉~香取・成田~成田空港
【鹿島線】香取~鹿島神宮

E235系の車体は、現行のE217系と同様にステンレス製で最高速度は120km/hです。次世代列車情報管理装置である「インテロス(INTEROS)」を搭載し、大量データを扱ったり、車両設備を常時監視したりするなど、保守や故障予知として利用していきます。また、停電や異常時に車両が停車してしまうことを想定し、非常走行用電源装置も搭載されています。

故障に強い車両にするためにモーターなどの主要機器は2重系で設計していることも大きな特徴です。この他に車両設備として、空気清浄機、デジタルサイネージ、客室内防犯カメラ、ドア開閉ボタン、車椅子対応型トイレなどが設けられています。グリーン車には電源コンセントや無料公衆無線LAN、フリースペースなどが設置されていて、利用者の利便性を重視された車内設備が整っています。

山手線では既に新造車両である235系が投入されていますが、2020年には全ての山手線車両に置き換えられる予定です。同じように横須賀線・総武快速線にもE235系が順次導入されます。このように新型車両が次々と導入されることによって、旧型国電車両が貴重な存在になりつつあります。

-未分類

Copyright© 谷尾和昭の鉄道ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.